昭和34年11月 横浜市鶴見区矢向6丁目28番に初代社長木部徳井が有限会社木部製作所を創立

東芝府中工場の車輌用機器部品の製作を始める (資本金200万円)

昭和36年 4月 プレス工業(株)川崎工場と取引を開始

自動車部品の製作を始める

昭和39年 4月 東芝浜川崎工場と取引開始

開閉装置部品の加工

昭和41年 9月 東芝府中工場の昇降機部品の製作を始める
昭和44年12月 社長没後、木部益義が代表取締役に就任
昭和45年 3月 木部工業株式会社に組織変更

資本金を500万円とする

昭和57年 9月 オークマ製NC旋盤LC30を導入
昭和60年 9月 オークマ製NC旋盤LC30、森精機製NCボール盤YDC96を導入
昭和61年12月 新工場(事務所、食堂、溶接機、マシニングセンタ、NCボール盤の設置)が完成
昭和63年 9月 オークマ製マシニングセンタを導入
平成 元年 4月 昭和電線電纜(株) 相模原工場と取引を開始
平成 元年 9月 森精機製NCボール盤YDC96を導入
平成 2年 8月 オークマ製NC旋盤LC30を導入
平成 3年 9月 オークマ製NC旋盤LB15を導入
平成 4年 4月 東芝エレベータープロダクツ(株)と取引を開始
平成 5年 9月 森精機製NCボール盤YDC96を導入
平成 7年12月 資本金を1000万円とする
平成 8年 4月 CAD/CAMソフトFEATURE CAMを導入
平成10年 7月 建設業機械器具設置工事業を許可

神奈川県知事許可(般-10)第61800号、防振工事業開始

平成11年 2月 オークマ製マシニングセンタMX45VBを導入
平成27年10月 丸富士産業株式会社の100%子会社となる

雑賀修二が代表取締役社長に就任

平成28年 6月 生産管理システムTECHS-BK3を導入