出荷部門においては、まず納入品のピッキング作業後トラックに載せて納品します。

ピッキング作業は製品を傷付けないように細心の注意を払い取り組みます。また、類似品が何点かあるため見える化等の改善を行い、納品間違いが出ないように対策をしております。